2019年9月21日土曜日

逃げて良い時、悪い時

前の記事でハラスメント問題について触れましたが、セクハラ問題の加害者が体調不良と言う事で会社を数日休むと連絡がありました…私より年上の加害者が起こしてしまった問題から逃げて被害者面している状態に憤りを感じています。セクハラの被害者が身を守るために逃げることは大賛成ですし逃げるべきです。セクハラの事実を認めている加害者には相応の処分が下ると思いますが体調不良や鬱を理由に弱い振りはして欲しくなかったです。処分を受けて再起を図るか、自ら職を辞するしかないと思います。

加害者は断罪されるべきとは言いませんが他人を傷つけた以上、謝罪と処分を受ける事でしっかりと責任を取る事が重要だと考えます。

一度でも悪い逃げ方をしてしまうと癖になって次に問題が発生した時も逃げてしまいます。人は弱い生き物です…逃げたい気持ちは理解できますが悪い逃げ方だけはしないと自分に言い聞かせたいです。


広告クリックお願いします。励みになります!
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
てんかんランキング

0 件のコメント: